読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膝を狙い撃つ

ゲームの話とか日記とか

今更批評:ラストストーリー

f:id:uma3lake:20150727165532j:plain

超今更だけど隠れた良ゲーだと思うので、中古ならお安いしぜひプレイしてくれる人が増えたらいいなと思いレビュー。実は発売日に買った。オンラインもなかなか面白かったが、Wiiのオンラインサービスはなくなっちゃったので残念。

ラストストーリー( THE LAST STORY )は2011年に発売されたWiiのゲームだ。ものすごくザックリ言うと、主人公エルザ一行は6人の傭兵団で、ルリという小さな島にやって来ていた。エルザはそこの偉い人の娘カナンと出会い、恋とか友情とか色々あってガノンドロフっぽいボスを倒すという王道なお話。

  • 高評価な戦闘システム

このゲームの一番良いところは戦闘で、わかりやすいアクションRPGだ。エルザはシナリオで手に入れるギャザリングという力で敵のヘイトを集めることができ、基本的にはアタッカー兼盾役となる。ギャザリング中はHPがじりじりと回復するので、防御ながら動いて敵を集め、仲間の魔法で一網打尽にしてもらう。またギャザリング中に攻撃を食らうごとに力が溜まり、それを解放するギャザリングバーストで相手をひるませることもできる。またエルザの使えるウインド魔法で、仲間の炎や氷の魔方陣(サークル)を拡散でき、それぞれ属性ごとに防御ダウンとかの追加効果を与えることができる。

戦闘開始時には、戦闘エリアを真上から見た視点で敵の位置取りを確認することができ、どこから攻めるか考え、敵を誘導していくことになる。これらの要素のおかげで、「戦闘を支配している」感がものすごく気持ちいいゲームなのだ。難しく考える必要はない。敵のヘイトが詠唱中の魔法使いに集まっていたら自分が割り込んで守るとか、敵が散らばって囲まれそうだったらサークルを拡散してひるませて輪から出るとか、直感的にわかるようなことだ。シンプルだけど、面白い。

  • 難易度は低め

戦闘が面白いだけに難易度の低さはもったいない気がした。特に中盤までは難易度が低い。味方の残機がひとりにつき5もあること、レベル上げポイントがあちこちに用意されていること、魔法使いキャラのひとり、ユーリスに専用のチート武器があることなどから、アクションの上手い下手はあまり求められない。

一方後半のバランスは良かったと思う。ボスの攻撃力が跳ね上がるので、しっかりガードと攻撃のメリハリをつける必要がでてくるし、ギャザリングするだけではこちらを向かない敵も増えてくるため、殴りに行って積極的にヘイトを獲得しにいかなければならない。回復サークルを定期的に拡散しないと、仲間が全員床を舐めていることもある。

  • シナリオは短め&王道

平均プレイ時間は20〜30時間ほどで、社会人だったらこれくらいのボリュームの方がちょうどいいだろうと思うが、事前のプロモーションでは大作っぽい売り出し方をしていたので、ちょっとがっかりした人も多かった。シナリオそのものは王道で、お城を出たがる世間知らずなお姫様と、騎士になりたい傭兵の恋愛を中心に、ルリ島の秘密とかギャザリング能力の謎を解いて行くというもの。王道だけに大体予想はつくし、特にびっくりな展開があるわけでもないが、サブクエストという名のサブチャプターでは、仲間の面白い一面を見ることができたりするのでまあまあ楽しかった。

  • 防具のカスタマイズと音楽と街

他に褒めたいのは防具のカスタマイズである。防具の種類自体が10種類もないのは正直ガッカリであった。しかしそれぞれがパーツを細かくつけたり外したりでき、パーツごとに色を変えられるので、種類が少ないなりに工夫のしがいがある。マナミアを女医風にしたりなんかは多くの人がやっただろう。

今はもうできないが、オンラインに参加すると、装備できるエフェクトをもらうことができた。キラキラするエフェクトや、後光、水しぶき、ハートマーク、炎など、かなりたくさんあったのを覚えている。クオークというガチムチキャラにハートマークをださせたり、炎の魔術師であるユーリスに炎を装備したり、なかなかカオスな遊び方もできた。

拠点となる街は地味に広い割に、イベントは少なかった。お使いイベントが数個、サブイベントのキーがいくつか、武器などの商店、闘技場。街に関しては正直もっとクエストをちりばめて欲しかったように思う。感覚としてはアサシンクリードシリーズの街みたいなものだ。見栄えは綺麗で細かいイベントはあるが、入れない感じ。

音楽はサウンドトラックを購入する程度には良かった。特に戦闘BGMが良い。普段の戦闘BGMも良いが、ボスごとのBGMも素晴らしい!終盤はボスごとにBGMが用意されているのだが、どれも聞き応えあるものばかり。私はSkyrimのBGMにこれの曲を入れている。(これが言いたかった)

  • 総評

一本道のARPGとしては良作。特にバグもないし丁寧な作りで、戦闘は盛り上がる。だがボリュームは少なめなので、三連休くらいでサクッとプレイするには超オススメ。

オープンワールドにしろは言わないけど、もっとやり込み要素やサブクエストを増やした続編が出るといいな。