膝を狙い撃つ

ゲームの話とか日記とか

スイッチとゼルダの悲しみ

一昨日ニンテンドースイッチが発売された。3月は仕事が忙しいため、それが一段落してからスイッチとゼルダを購入するつもりだった。考えないようにしていた。しかし一昨日、突然ゼルダ欲がグワーーーッと湧き上がり仕事が手につかなくなったため、急遽購入を決心した。本末転倒である。

しかし私は愚かだった。予約していなかった。ブレスオブザワイルドのコレクターズエディションは購入できたが、肝心の本体はどこも売り切れ、販売停止。再開の見込みはない。売ってるところといえば転売だけである。数年に一度のゲーマーにとっての最も楽しい手探りプレイ、発売直後をこんな愚かに消費してしまうことに涙を禁じ得ない。本体販売再開は今月後半であろう。

オープンワールドハイラルに早く行きたくて仕方ない。この三日間後悔と心のざわめきで心拍数が常に高い。できるだけ考えないように筋トレに励んではいるものの、下手すりゃゴールデンウィークまでプレイできないんじゃないかと絶望でいっぱいである。

予約しなかった自分が悪い。それはそのとおりだ。しかし任天堂様、早期の再販をお願いします。ハイラルに行きたい。私もゴブリン虐殺したい。肉焼きたい。もはやMHXXを買う気がしない。ゼルダがやりたい。最低あと二週間この興奮と後悔に苛まれるのかと思うと明日が憂鬱でならない。ああ神様仏様ニンテンドースイッチ買わせてください。(所要時間5分)

広告を非表示にする