読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

膝を狙い撃つ

ゲームの話とか日記とか

MHXXは傑作。3DSモンハンの集大成だ

3月後半無事にNintendo Switchを購入でき、ゼルダを満喫した。その感想はDLCが出る頃に書きたいと思うが、4月に遅ればせながらモンスターハンターダブルクロスを購入した。 

モンスターハンターダブルクロス - 3DS

モンスターハンターダブルクロス - 3DS

 

 Amazonのレビューなんかは酷いことになっていたが、個人的にはMHXXは傑作だと思うので感想を綴りたい。

ちなみに進度は集会所G級のHRを解放したところ。なんとなくガンナー縛りしているのでほとんどは弓、たまにライトボウガン、闘技大会ではヘビィもという感じで使用している。あと猫。

MHXXの素晴らしいところ

MHXXはこの手の続編には珍しくUI方面の調整をしっかりしていることが非常に素晴らしい。そもそもゲームで続編を出すというのは、システム面をまるごと使いまわせるから制作コストが安くすむメリットがあるためで、そこに手を加えるのは良いゲームを作る意思を感じるし、とてもえらい。

MHXで不遇だった武器のモーション値や操作が修正された。

地味だが大きい。弓の場合、貫通弓と重射弓が産廃扱いだったのだが、モーション値が修正されて実用できるようになった。特に貫通弓が実用的になったのは大きく、後半の強いモンスターは身体が長かったり大きいやつが多いため選択肢が増えたのは嬉しい。

ニャンターのブーメラン攻撃の狙いを変えられるようになった。

なかったのがおかしい機能かもしれないがこれでニャンター縛りでもちゃんと背中破壊とかできるようになった。ブラキディオスの尻尾のような位置が高い部位は、ニャンターで破壊するのはとてもとても難しかったのだが、ちゃんとできるようになりました。

BGMが良い。

いつもの良いところだがコンスタントに良い曲を作れるのはすごいと思う本当に。新曲はそんなに多くはないけれど、遺嶺群汎用戦闘曲やバルファルクのBGM、アトラル・カのBGMなど、名曲揃いだと思う。苦手なモンスターを倒しに行くのが億劫でも、曲が良いとテンションをあげられるので大事。

モンスター数の多さと防具合成で5年は遊べそう。

モンスターハンターストーリーズとかMH4とかも楽しんだけれど、上位以降は亜種ばかりで真新しいモンスターは少なくなっていく。行動は多少異なるとはいえ所詮色違いだし、ワクワク感は小さい。しかしMHX、MHXXは上位から初めて出るモンスターだらけだし、亜種なしで100種類を超えるらしい。モンハンみたいなモーションをつくり込むゲームで敵の総数が100種類越えってすごいことです本当に。そして武器防具の種類も膨大だし、過去作のNPCの衣装なども豊富なので、気に入った服を作っていくとキリがない。理想の見た目×理想のスキルで装備作っていくとものすごく長いこと楽しめそう。

ニャンターオトモアイルーのスキル周りの調整

地獄のスキル厳選が改善された。素晴らしいと思う。今後もこういう感じでお願いします。

ブシドーとブレイブのバランスが良い

(ガンナーしかやってないですが)ガンナーだと耐久を捨てて火力を盛るためブシドー一強だったのだが、ブレイブスタイルでのイナシが思った以上に使いやすい。ブシドーの弱みはジャスト回避後の隙のでかさや回避で位置取りが変わってしまうことだが、ブレイブでは受け止めて相手の攻撃の後隙にすぐさま差し込み攻撃ができる。しかし連続攻撃には無力だし得意不得意がちゃんとあるのが好感を持てる。

獰猛化はいやだけど、パーティプレイの方向性としては正しいと思う。

MHXの終盤でやたら出てくる獰猛化大連続クエスト。獰猛化の攻撃力上昇とか溜めがゆっくりになって判定が巨大化するとかはいいが、疲労しなくなったり異常にタフになるのは本当に辛い。オンラインでやれということなのだろうけれど、基本ソロプレイの身からすると時間切れや弾切れに怯えながらやるのが苦しい。

オンラインの4人プレイだと、普通の体力のモンスターは大体5分〜10分くらいで討伐されてしまう。そのための獰猛化なんだろう。強敵なはずなんだから少しは苦戦してもらいたくて、高体力、疲労なし、高攻撃力なのだろう。

しかし!ソロだと本当に獰猛化はつらい。1匹でも辛いのに、平気で3匹とか出てくる上に体力調整されていないみたいでいつまでたっても終わらない。

そこでお願いしたい。クエスト参加人数ごとに敵体力に補正をかけてくれませんか?4人プレイなら従来の獰猛化並の高体力で良いと思う。ソロ(+オトモ)の場合は体力半分とか、3人だと80%とか。攻撃力が高いのは練習して避ける気にもなるけど、体力高いわメリハリないわでリアル集中力がきれてしまいます。お願いします。

 

続きはまた今度かく。